低出力設定のレーザーで肝斑をゆっくり改善へ

30代から40代の女性を悩ませるシミといえば、顔の左右に対照的に生じる肝斑であり、ぼんやりとした地図のようなシミになるのが特徴です。アジア人女性には肝斑ができやすく、30代以降はホルモンバランスも乱れることから、今までにはなかった肝斑ができやすくなります。これまでの美容医療の世界では肝斑に効果的な医療機器はないとされてきましたが、現代では低出力のレーザーマシンでの治療が可能です。皮膚の若返りであればパワーの強いレーザーで皮膚にドット上の穴を開ける、皮膚の根本的な細胞の若返り治療ができますが、肝斑にはそうした強烈な治療は向いてはいません。レーザートーニングはまさに肝斑を改善するには最適な医療機器であり、とても弱い出力でレーザーを照射していきます。出力を高くできないだけに1回では変化はわかりにくいですが、何度も定期的に繰り返しレーザーの照射を受けていくことで、ぼんやりとしたシミは薄くなり、やがて明るい肌が手に入る優しい治療です。