風邪なのか花粉症かわからない時には病院で検査を

春になって大量の花粉が舞い始めると花粉症で悩む人が続々と出てきますが、花粉症は病院にかかることで医薬品の力により症状を楽にさせることができます。でも本当に花粉症なのか風邪なのかわからないこともありますので、キチンと病院で検査をして診断をしてもらうことです。花粉症だと思って自分で市販薬を買って飲んでみたものの、あまり効果がなくて実は風邪だったりと、自己判断は誤った医薬品選びをすることがあります。よくある検査方法の一つは皮膚反応検査であり、イネやヨモギにスギなど、アレルゲンエキスを用いて反応を見る方法です。皮膚にエキスでの反応が加わって、数分後に赤みが出て晴れるようであれば、何が原因のアレルゲンかがわかります。鼻の内側の粘膜でもテストができるので、鼻粘膜誘発テストでアレルゲン反応を見て、鼻づまりをしたりくしゃみなどでの反応で診断が可能です。血液検査でもあらゆることがわかるので、血中IgE検査で何が原因かアレルゲン抗体を知ることもできます。